マダガスカルでカラヲステル

マダガスカルでのインターンブログ

2500時間で出来ること

こんにちは。

10月14日からマダガスカルインターンを始めた福嶋淳平です。

Malaza Societe Generaleという代表が日本人の

主に仲介業を行う会社にお世話になっています。

海外インターンを探している中で運と縁が重なり3ヶ月半滞在する予定です。

 

 3ヶ月半という短い期間に見えて、100日ちょっと約2500時間…。

 決して短い時間で無いし大学生なんてノーリスクハイリターンの

夢のような時間であるので(大学卒業したけど)マダガスカルに飛び込みました。

 

Dorop Boxの共同設立者兼CEOであるドリュー・ヒューストンは人生に必要なたった3つのコツをこう述べています。

①人生の「テニスボール」を見つけよう

②あなたが尊敬する人を「サークル」に入れよう

③人生は「30,000日」しかない

「人生のコツはたったの3つ」Dropbox創業者ドリュー・ヒューストンの卒業スピーチが感動的 - ログミー

www.youtube.com

 

犬に向かってテニスボールを投げたら、一心不乱にボールを追いかけますよね?

①が意味するのは好きなことに熱中すること。

今まで途上国中心に15か国を旅行したり、フィリピンでインターンをしたり、

海外に対する興味あって心の声に従ってままに選択をしました。

 

②は人は周りの環境、時間を共有する人から影響を受けるというもの。

夫婦の顔が似てくるとか、兄弟の影響で幼い時からスポーツを始めて一流選手になったとか、良く聞く話。日本から遠く離れた異国マダガスカルで働く社長と同じ時間を共有し、尊敬する人のサークルに入り込むことが出来れば僕にとって大きな岐路になるはず。

 

③は思っているより人生は短いし何かに挑戦するには長い時間があるということ。

今23歳だから…8000日以上既に経ってる!!!迷ってる時間なんてもったいない!

さあいますぐ何かしょう。

 

ということで渡航を決意しました。

 

勿論、社長のもと謙虚にそして素直に勉強させて頂き、

色々な経験や知識を得ることを目的にしています。

人を巻き込む求心力みたいなものを肌で感じたい。

 

しかし、日本で培ってきた今までの固定概念を捨て去るように、

今まで掛けてきた色眼鏡を外したいと思っています。

"マダガスカルでカラヲステル"

 

感じたこと、思ったこと、考えたこと、

ブログを通じて殻を捨てて形にしていきます。

 

 

f:id:PEICHAMIN:20151022152540j:plain

 

アタリマエの定義を探しに…